スカルプシャンプーなどの対策で抜け毛対策~ふさふさヘアをGET~

頭皮に直接効果を発揮するスキンケアの仕組みについて

病院へ行こう

薄毛が気になったら

最近抜け毛が気に出したら、病院にいって診てもらうことです。すぐに育毛剤を使えばどうにかなるだろうとなりますが、原因も何も分からないのに自己流の育毛対策をしているとかえって抜け毛の量が増えてしまうこともあるのです。育毛剤を使ってもまったく効果が表れない理由のひとつとしてAGAがあります。AGAとは男性型脱毛症に徐々に脱毛が進行していきます。この症状は病院でないと判明しづらいのですが、主に遺伝や男性ホルモンが影響して抜け毛が引き起こされます。AGAの場合市販の育毛剤を使っても血行促進や栄養補給にはなりますが、育毛剤には男性ホルモンを抑制する力はありませんので効果がないとを感じるのはそのせいなのです。

AGA治療方法について

AGA(男性型脱毛症)は、病院で治療を行うことができます。まず薬が効く人かどうなのかを調べるために遺伝子検査があります。遺伝子検査である数値を上回ると、遺伝による薄毛の傾向が強いと判断されます。そのような方にAGA治療薬は効果的です。その基準数値を下回る結果であると、あまりAGAが原因ではなく他に要因があると判断されます。そのため市販の育毛剤でも十分に対処できます。病院でAGAと判断された場合ですが、基本的にはフィナステリドとミノキシジルを処方されて治療を開始していきます。月に1回の来院で1か月分の薬を処方されて、次回の来院の時に生え際と頭頂部の写真撮影を行い経過をみていきます。平均で半年程度で効果があらわれます。